Q1
英語を話せるスタッフがいません。業務のやりとりに支障はありませんか?
日本人技術マネージャーが現地に常駐しておりますので、困ったことがあれば随時サポートに入りますのでご安心ください。 また、現地フィリピン人技術スタッフは、基本的な業界知識やCAD の技術を持った人材ということもあり、インターネットの翻訳機能を利用するなどして問題なく業務を進行させています。
Q2
現地とのコミュニケーションはどのようにとっていますか?
Skype やFaceTime 等を使ったビデオ通話をはじめ、チャットワークなどのインスタントメッセージ、メールでのやりとりが基本です。
Q3
日本との時差はありますか?
日本時間からマイナス1時間です。タイムラグが少ないので指示や疑問点の解消などのコミュニケーションを業務時間中に行うことができます。
Q4
営業時間や休日の指定はありますか?
土日、現地(フィリピン)の祝祭日及び大統領府が特別に定めた休日はお休みとなります。年間カレンダーを配布いたします。
Q5
実際に導入している企業の方にお話を聞くことはできますか?
可能です。お申し込みをいただく前に、導入企業様へご訪問いただくことをおすすめしています。導入企業様のご紹介、ご案内はJP SEKKEI がいたしますのでお気軽にお問合せください。
Q6
費用について教えてください。
ご契約後にご入金いただく「初期費用」と、毎月お支払いいただく「月費用」の2種類がございます。
詳しくは「導入費用ページ」をご覧ください。
Q7
海外アウトソーシングは初めてで、何をどうお願いすればよいのかがわかりません。
図面の種類やボリューム、求められる作業内容等を具体的にお伺いし、ご要望に応じた最適なプランをご提案いたします。
Q8
技術の指導は誰が行うのでしょうか?
採用決定後は、基本的なCADソフトについては現在のスタッフが指導いたします。
その他、独自の仕様やソフトについては各社様でオンライン、または来比で実施いただきます。
Q9
CAD のソフトは何を使っていますか?
現在使用している主なソフトは、アーキトレンド(ARCHITREND)、Walk in Home、JW CAD、AUTO CADです。
Q10
新しいソフトの導入は可能ですか?
例えば、竣工アルバム・ムービー等、CAD以外の技術を教えていただくことも可能です。この自由度の高さが特徴の1つともいえます。